【コラム】相手に取ってほしい行動を増やすには?〜目的論〜|伊藤塾からのお知らせ|『結果』出します。伊藤塾

戻る
menu

伊藤塾からのお知らせ

【コラム】相手に取ってほしい行動を増やすには?〜目的論〜

2017.09.09

これまで授業の最初や最後で行なっているコーチング的な関わり方をお伝えしてきました。今回は,授業の途中やこの教室の中にいる間すべての場面で行なっている関わり方のご紹介です。

 

増えてほしい行動を指摘する

それは,増えてほしい行動を指摘することです。例えば,授業の前に講師に「お願いします」と生徒さんが言ってくれたり授業後に自分が出した消しゴムのカスを集めてゴミ箱に捨ててくれたり本棚の本をきれいに整理整頓してくれたりした時に,「おっ,礼儀正しいですね」「きれいにしてくれてありがとう」と伝えます。他にも,苦手な教科や単元を勉強している時にも「苦手なことにチャレンジして頑張っているね」とか,宿題と決めた分を超えてより多くの問題を自発的に解いてきた時には「積極的に解いてきたね,頑張っているね」などのように指摘します。

 

まずは「相手にどうなってほしいか?」を決める

これが目的論的な関わり方です。相手つまり生徒さんにどうなってほしいか?をまずこちらが考えます。礼儀正しくあったほしい,素直であってほしい,苦手なことでも挑戦する気持ちを持っていてほしい,辛いことがあっても前向きに考えるようになってほしいなどです。そういったこうなってほしいという理想の姿と合うような行動が見られた時にその行動を指摘します。この反対が原因論的な関わり方です。過去の記事でも書いたことがあるので今回は詳細を割愛しますが,人間関係の中で原因論的な関わり方をしてしまうと,逆にこちらが望んでいない行動が増えてしまいます

 

よくあるご相談「子どもの悪いところばかりが目につく」

保護者の方とお話をさせてもらっていると「『子どものいいところを探してください』っていうのはテレビとか本で聞いたことはあるのですが,実際には悪いところばかりに目がいって全くいいところが見つかりません」という声を聞くことがあります。

こういったケースには「いいところを探そう」というよりもまずは「どうなってほしいか?」をご自身の中で想像してみることから始めるとよいと思います。すると,相手(子どもさん)にこうなってほしいというイメージが具体的に描けたらそのあとは自然と相手のいいところ(自分がしてほしいと思う行動)が見つかっていくはずです。

 

✕「いいところを探す」→○「増えてほしい行動を探す」

いいところを探すと,光りと影の関係のように,悪いところも同時に見つかります。だから,いいところを探すのではなく,増えてほしい行動を探しますそれが目的論です

 

意識すれば自然と見つかる

これを読まれているみなさんの中にもこんな経験はないでしょうか? 車を買い替えたいと思って「○○っていう車を買いたいなぁ」と思ったとします。すると街中を通っていると「最近,よく○○が走っている気がする」ように感じたり,折り畳み自転車がほしいと思ったら,他の普通の自転車に乗っている人もたくさん目に入ってくるにも関わらず折り畳み自転車に目がいってしまったりします。新聞や雑誌などでも自分がアンテナを張っている記事や写真にはそこに目がいくはずです。ダイエットや健康に関心があればその情報に目がいくでしょうし,旅行に興味があればその情報に目がいくでしょう。

 

こういった経験と同じように,まずは相手にどうなってほしいか?それをイメージしてみることから始めてみるといいだろうと思います。相手のいいところ(増えてほしいところ)が見つからないと思われる方は試してみてください。

 

【無料】体験受け付け中!
いつでも見学にいらしてください!

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問い合わせください!
時々「体験を受けてみたいのですが、どうやって子どもを誘っていいかわかりません」という声を頂きます。
声のかけ方も子ども一人ひとりで違いますので、お気軽にご相談ください!

お電話からのお問い合わせ

受付時間:12:00~22:00/ 日曜除く

0985-74-7373
メールでのお問い合わせ
メールでの問い合わせ
スマートフォン向けサイトに切り替える