効果的な受験勉強法:予習・授業・復習のサイクル|伊藤塾からのお知らせ|『結果』出します。伊藤塾

戻る
menu
勉強法全般

効果的な受験勉強法:予習・授業・復習のサイクル

2024.06.19

今回は、受験勉強を成功させるための重要な学習法である【予習-授業-復習】のサイクルについてお話しします。これをしっかりと実践することで、得意科目も苦手科目も確実に成績を上げることができます。

 

 

目次

予習の重要性

授業の重要性

復習の重要性

苦手科目への応用

具体的なサイクルの実践方法

まとめ

 

 

 

 

 

予習の重要性

まず、予習の重要性から見ていきましょう。予習とは、授業の前に教科書や参考書を読んで、その日の授業で学ぶ内容をあらかじめ把握しておくことです。

予習のメリット
1. 理解の基礎を作る:
– 授業で取り扱う内容の概要や基本的な概念を事前に知っておくことで、授業中に新しい情報をスムーズに理解することができます。

2.*質問の準備:
– 予習中にわからなかった部分を明確にしておくことで、授業中に質問する準備ができます。これにより、理解が深まります。

3. 積極的な授業参加:
– 予習しておくと授業内容に対する理解が深まり、授業中に積極的に参加できるようになります。

 

授業の重要

次に、授業そのものの重要性について考えてみましょう。授業は、単なる知識の習得だけでなく、理解を深める場でもあります。

授業のメリット
1. 知識の深掘り:
– 教科書や参考書には載っていない追加情報や、先生の解説を聞くことで、理解がさらに深まります。

2. 疑問の解消:
– 予習で生じた疑問を授業中に解消することで、確実な理解が得られます。

3. 重要ポイントの強調:
– 先生が強調するポイントを聞くことで、試験に出やすい重要な部分を把握することができます。

 

復習の重要性

最後に、復習の重要性について説明します。復習は、学んだことを定着させるために欠かせないステップです。

復習のメリット
1. 記憶の定着:
– 授業で学んだ内容を復習することで、短期記憶から長期記憶へと移行させることができます。

2. 理解の確認:
– 復習を通じて、自分の理解度を確認し、不十分な部分を再学習する機会を得られます。

3. 応用力の向上:
– 復習を繰り返すことで、学んだ知識を応用する力が身につき、試験問題にも対応しやすくなります。

 

苦手科目への応用

苦手科目でも【予習-授業-復習】のサイクルを意識することは特に重要です。以下に、苦手科目でもこのサイクルを実践する理由を挙げます:

1. 基礎固め:
– 苦手科目は基本的な理解が不足していることが多いです。予習をすることで、基礎知識を補強し、授業中の理解を助けます。

2. 継続的な学習:
– 苦手意識があると避けがちですが、定期的な予習と復習によって、少しずつ理解が深まり、自信がつきます。

3. 理解の促進:
– 予習で前もって知識を得ておくと、授業中に新しい情報を吸収しやすくなります。復習で定着させることで、苦手科目の理解が進みます。

 

具体的なサイクルの実践方法

では、具体的にこのサイクルをどのように実践するかを見てみましょう:

1. 予習:
– 教科書や参考書の該当箇所を読み、重要なポイントをノートにまとめます。疑問点を明確にしておきましょう。

2. 授業:
– 授業中は集中して聞き、ノートを取り、疑問点を解消します。予習で立てた質問を積極的にしましょう。

3. 復習:
– 授業後、できるだけ早くノートを見直し、授業内容を復習します。復習問題や練習問題を解いて理解を深めましょう。

 

まと

【予習-授業-復習】のサイクルは、得意科目だけでなく苦手科目にも効果的です。このサイクルを徹底することで、理解力と記憶力が向上し、学習効率が大幅にアップします。ぜひこのサイクルを取り入れて、効果的な受験勉強を進めてください。皆さんの努力が実を結ぶことを心から応援しています!

 

 

 

*************************

最後までお読みいただきありがとうございました。

*************************

 

あなたも成績アップを体験できます!
Webからのお申込みで入塾金11,000円→0円!

無料学習相談や教室見学も可能です!30秒でできるお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!
【無料】体験授業について詳しくはこちら

お電話からのお問い合わせ

受付時間:14:00~22:00/月~金

0985-74-7373
Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
スマートフォン向けサイトに切り替える