【今日の伊藤塾】今日の頑張り・成果(勉強・学習)〜頭とハート〜|伊藤塾からのお知らせ|『結果』出します。伊藤塾

戻る
menu

伊藤塾からのお知らせ

【今日の伊藤塾】今日の頑張り・成果(勉強・学習)〜頭とハート〜

2018.06.02

この投稿を5秒で理解

・「頭でわかることとハートでわかることは違う」「人は感情の動物だ」「腹落ちしないと人は行動できない」

・こうした言葉は,人は感情が動かないと行動しないということを表している。

・そして,その感情を動かす方法の一つは,色々な場面を想像してみることだ。

 

 

 

 

 

 

 

***************************

 

「頭でわかること」と「ハートでわかること」とは別だということが,コーチングを学んでよく理解できました。

 

 

 

 

「頭ではわかっているけど,なかなかそれを行動にはできない」

 

 

 

 

ということがないでしょうか?

 

 

 

 

これに関する表現は他にもあります

 

 

 

 

例えば,

 

 

 

「人は感情の動物だ」(人は感情が動いた時に行動する)

 

腹落ちしないと人は行動しない」

 

 

 

 

といった言葉です。

 

 

 

 

 

生徒さんの話を聞いていると,勉強についても上のようなことが言えるようです。

 

 

 

 

それではどうしたら,「ハートでわかる」,「感情が動く」,「腹落ちする」ことができるのか?

 

 

 

 

 

それは,ある場面を想像することです。

 

 

 

 

どんな場面を想像するといいのかは人によって違います。

 

 

 

 

・「近い未来でどうなっていたいか? そしてそのさきの遠い未来ではどうなっていたいか?」(未来+・未来++)

 

・「このまま勉強しなかったとして,最悪の未来を想像すると,どんなことになるか?」(未来−)

 

・「過去に勉強をしていて,『勉強していて良かったなぁ』と感じた瞬間はどんな時だったか?」(過去+)

 

・「過去に勉強をしなかったために,最悪だった場面はどんな時だったか?」(過去−)

 

 

 

 

理想の未来が思い浮かべない場合には,先に「過去−」や「現在のマイナス」を思い出してみるといいです。

 

 

 

 

 

 

そして,反動を利用するようにして,

 

 

 

 

 

「あんな辛い過去があった。そうならないように,未来はどうなっていたらいいか?」

 

「今はこんなマイナスがある。これが少しでも良くなった状態になるとしたら,どういう状態になるといいか?」

 

 

 

 

 

今回,お伝えしたかったことは,

 

 

 

 

感情が動かないと人はなかなか行動しない

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

その感情を動かす方法の一つとして,色々な場面を想像してみるということをお伝えしました。

 

 

 

 

 

そして,ただ単に頭の中でイメージするだけではなくて,

 

 

 

 

身体を動かしたり,

 

 

 

場面を詳細にイメージしてみたり

 

 

 

 

するのがより効果的です。

 

 

 

 

 

 

読まれた方の何かの参考になれば幸いです。

 

 

************************

最後までお読みいただきありがとうございました。

************************

 

 

 

 

【今日の頑張り・成果】

・立体の表面積と体積の求め方を全て復習して,解き方を理解した。中3

・センター試験の過去問を使って,小説の読み方,解き方を理解した。高2

・式の計算について,計算ミスがなくなるように正確に解く練習をした。中2

・未来を表す表現の英文法(will)について勉強し,疑問文や否定文の作り方もわかった。中2

・分配法則を使って計算する練習をした。中1

などなど。

 

 

 

Facebook:https://www.facebook.com/itojuku/

 

 

 

【無料】体験受け付け中!
いつでもいらしてください!

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問い合わせください!
時々「体験を受けてみたいのですが、どうやって子どもを誘っていいかわかりません」という声を頂きます。
声のかけ方も子ども一人ひとりで違います。どんなことでもお気軽にご相談ください!

お電話からのお問い合わせ

受付時間:12:00~22:00/ (日)除く

0985-74-7373
メールでのお問い合わせ
メールでの問い合わせ
スマートフォン向けサイトに切り替える